豆腐ダイエットのやり方

世の中いろいろなダイエット方法がありますが、豆腐を使った豆腐ダイエットというダイエット方法があるそうです。

豆腐ダイエットは一食分の炭水化物を抜き、豆腐料理のみにします。
そしてその豆腐料理は温めて食べることが推奨されています。

豆腐は、体を冷やす作用がありますがダイエットでは体を冷やすことはいいことではありません。
体が冷えると代謝が低下し、体内に蓄積されている脂肪が燃焼されづらくなってしまうためです。

豆腐ダイエットのメリットは、朝でも昼でも夜でも1食だけ換えれば良いので継続しやすいところでしょう。

スポンサーリンク

豆腐ダイエットの栄養素

ダイエットは栄養不足になりがちですが、豆腐の植物性たんぱく質は20種類あるアミノ酸を全て含むので優秀です。
肉や魚と違い、脂肪分が少ないのでヘルシーにたんぱく質補給が出来、ダイエットにピッタリです。

豆腐の大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに近い特性があります。新陳代謝を活性化させてみずみずしいお肌を作ってくれます。

大豆レシチンはメタボリック症候群予防だけでなく抗老化作用もあると言われており、内臓や肌の細胞をリフレッシュさせて若々しさを維持する効果があるとも言われています。

豆腐には大豆オリゴ糖という成分が含まれており、これは体内に入ると腸内のビフィズス菌の餌として届けられ、善玉菌が活性化する作用を助けます。

豆腐に含まれる大豆サポニンは、食べたものが脂肪となって貯め込まれないようセーブしつつ、気になる血中脂肪を適正値に下げて健康的な痩身ができるようにしてくれます。

また豆腐にはビタミンB群を含むのでダイエット効果がさらに上がるようです。

豆腐ダイエットのメリット

豆腐ダイエットの魅力は前述しましたが、1食だけ換えればいいこととくせがないので味つけのバリエーションも広く楽しみながら様々な方法で食べられることです。

豆腐ダイエットに用いる豆腐は木綿豆腐が向いています。また木綿豆腐は絹ごし豆腐より栄養成分が豊富です。

豆腐は質量に対してかなり低カロリーで、木綿豆腐一丁あたり150~200キロカロリーです。腹持ちするので置き換えダイエット特有の空腹感を感じずにいられる事が出来ます。

豆腐は水分が多くたんぱく質が消化されやすいので短時間で体に吸収されていきます(動物性たんぱく質は体内に4時間以上は残ってしまいます)。
消化吸収がいい食材なので朝、起きてから口にするものとしても豆腐はオススメです。
腹持ちのよさもあって午前中の活力源になってくれます。

お勤めの方のダイエットとしてもよろしいのではないかと思います。

スポンサーリンク