バナナ酢ダイエットとは

お酢とバナナを組み合わせたバナナ酢ダイエットは、酢に含まれるクエン酸サイクルというエネルギー生成作用とバナナの脂肪吸収を減らす作用を利用します。

バナナ酢の作り方は簡単です。

バナナ1本、黒砂糖100g、黒酢200ccを準備します。バナナは1~2cm ぐらいに切ります。用意した食材を全て1つの瓶に入れ、レンジに30秒かけてから蓋をよく閉めて寝かせておけば、次の日には完成します。10日経ったらバナナは出してしまってください。

バナナ酢ダイエットはこうして作られたバナナ酢を飲むだけでできます。
ツンとするにおいがダメで酢は飲めないという人でもバナナ酢ならまだ飲みやすいようです。

お酢ダイエットは挫折してしまったという方でもバナナ酢ダイエットなら継続できるかもしれませんね。

スポンサーリンク

バナナ酢のダイエット効果

バナナには体内の余分な水分を排出する効果や脂肪分解を促進するカリウムが含まれています。
またバナナは腸をきれいにして便秘を改善させるペプチン、糖分を分解するアミラーゼが含まれているうえ、たんぱく質を分解してくれますので痩身だけでなく美肌にもいい食材です。
この有効成分は酢に漬けることによって溶かし出され、成分が体に吸収されやすくなります。バナナと酢の相乗効果は抜群ですよ。

お酢には、酢酸、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸が含まれていますので摂取すると体のエネルギーを作り出す働きをします。
これはクエン酸サイクルと呼ばれている機能で、たんぱく質や炭水化物、脂肪を速やかに分解して身体を動かす源とします。
クエン酸サイクルが働いて身体に必要なエネルギーを供給するため、バナナとの合わせ技でダイエット効果がでるといえるのです。

バナナ酢ダイエットの上手な摂り方

そうはいってもバナナ酢単体では飲みにくいという方もいると思います。
そこで「ヨーグルト+バナナ酢」「牛乳+バナナ酢」「豆乳+バナナ酢」のように割って飲むのがおすすめです。
特に豆乳で割って飲むと豆乳の美肌効果もプラスされるので、女性にはおすすめの方法です。

飲み物に混ぜて飲むだけではなく、バナナ酢をサラダのドレッシングなど調味料に入れるようにするのも良いです。

最後に、バナナ酢の1日に飲む分量は30cc、大人で1日大さじ3杯が適量です。

スポンサーリンク